wec

本日発表された2022年の世界耐久選手権のスケジュールでは、来シーズン、タイトルが3つの主要な土地に戻る予定です。

6つのWECレースは、ヨーロッパ、アジア、中東、北米で開催されます。 WECスケジュールにより、プロデューサー、グループ、共犯者は、地球上の主要な地域の深いレース環境で大陸横断を実現することができます。

シーズン10では、健康上の緊急事態のために2年間欠場した後、WECがセブリングから1,000マイル走ってセブリングに戻る予定です。プレシーズンテストとも呼ばれる公式紹介は、IMSAのモービル1セブリングの12時間前の3月18日にセブリング1,000マイルシーズン開幕戦で3月12〜13日に手配されます。

先月イタリアで上演された6時間のモンツァで初めて進歩した後、WECはさらに6時間のレースのために有名なスピードの寺院に戻ります。

セブリングとモンツァは、スパフランコルシャン、富士、バーレーンなどの有名で人気のあるルートを完成させます。これには、6時間と8時間のレースが含まれ、画期的なイベントであるルマン24時間レースが、伝統的な6月中旬のスペースに戻る予定です。

2022年の世界耐久選手権カレンダー

2022年3月12/13日、公式紹介-Sebring(USA)
2022年3月18日、セブリング(米国)から1,000マイル
2022年5月7日、スパフランコルシャン(ベルギー)の総エネルギー6時間
2022年6月11/12日、ル・マン24時間レース(フランス)
2022年7月10日、モンツァ(イタリア)から6時間
2022年9月11日、富士から6時間(日本)
2022年11月12日、バーレーン8時間

FIA世界耐久委員会のリシャール・ミル委員長:「6回の修正はFIA世界耐久選手権の理想的なソリューションです。翌年のスケジュールは均等で、イベントは年間を通じて均等に分散されます。競争相手にとっては経済的に賢明です。 、同様のバインディング回路とさまざまなレースの長さと構成で。北米と極東への再訪問も重要な段階です。1年後にハイパーカーに2人の追加のプロデューサーが同行するので、私は確信しています6ラウンドのそれぞれが楽しいショーになるでしょう。」

Club de l’OuestAutomobilesの社長であるPierreVillonは次のように述べています。「2022年のFIA世界耐久選手権のスケジュールは、支出を削減しながらグループの開放性を拡大することを目的としています。何が起こっているのかを表しています。3月に米国で素晴らしい10シーズンに会えることを期待しています。」

FIAWECのCEOであるFredericLequin氏は、次のように述べています。激動の遺産を忍耐しなさい。第10シーズンのスケジュールは、彼が競技者とファンの両方で有名になることを確信している。」

By admin

Leave a Reply

Your email address will not be published.