ル・マン24時間 テレビ

ル・マン24時間 テレビ放送

これは、ル・マン24時間レースで誰もが忘れていたものです。 ル・マンでの24時間の忍耐力は、1世紀の間、生産者の能力と決意のベンチマークでした。 ル・マン24時間レースは、すべてのモータースポーツの中で最も経験豊富なものの1つです。レースは最速の車を心配していませんが、車は24時間にわたって最も遠い距離のあらゆる部分に挑戦することができます。出入りのスピードとは異なり、この機会は大変な苦労です。 2022年のレースは1923年の最初の機会以来90回連続のレースになります。 ル・マン24時間 テレビ放送 ル・マン24時間 テレビ放送 すべてのモータースポーツ分類とシャーシの騒々しいドライバーで知られるル・マンは、モナコグランプリとインディアナポリス500を含む「モータースポーツのトリプルクラウン」の1つです。 機械的なプログレッションプレイは、有名な忍耐力レースの改善に長年にわたって大きな影響を与えてきました。たとえば、コーディネーターは現在、サポートの目的で、水素制御車両をこの機会に持ち込むことを検討しています。ル・マン24時間レースで見落としたかもしれない最もクールな事実はここにあります。 重要な24時間 この機会は、製品の車両の信頼性を実証するためのアプローチとして、Automobile Clubdel'Ouestによって設計されました。フォーミュラワンが最も有名なクラッシュレーティングだったときに、この機会がもたらされました。別の眼鏡を提出することにより、レースはすぐにナンバーワンの年次として位置付けられました。 レースは高速であるため、参加車両とそのパーツに大きな負担がかかります。勝者は一緒に、所定の周回数を終える最速の時間ではなく、24時間にわたって競技者がカバーする最良の距離で委任されます。シリーズに導入された革新的な作業から、いくつかの機械的な開発が生まれました。環境への配慮は重要な視点の1つであり、環境に配慮しているほど、燃料補給の停車地が少なくなります。 悲劇の歴史があります レースの歴史的背景の中で多くの事故があり、それらの多くは死傷者を引き起こしました。全部で22人のドライバーがトラックの近くで殺されました。 表面上、最も壮観で有名な事故は1955年のレース中に発生しました。エピソードには、衝突後に彼のメルセデスSLRがグループ内の空に送られたピエールレヴィグが含まれていました。大規模な火災が発生し、84人が死亡し、180人以上が負傷しました。これはおそらくモータースポーツで最も霧の多い日であり、多くのセキュリティと手順のガイドラインの再評価を促しました。 ドライバーは自分の車にぶつかる必要がありました 最初の方法論は、レースの最も象徴的な部分の1つでした。 「ルマンスタイルスタート」として知られるようになったのは、ドライバーが車を逆さまにした状態で立っていたため、車を降ろしてサインを開始するために車に飛び込む必要がありました。 当初、この方法には明らかに贅沢とリスクがあり、トレーニングは1970年に中止されました。現在のレースでは、開発サイクルの後、着実にスタートしています。 eSportsバージョンがあります 2020年には、ル・マン24時間レースと呼ばれるルマンからのeスポーツの形式が追放されました。これは主に、2020年のルマンで24時間の遅延を引き起こしたコロナウイルスのパンデミックによるものでした。また、F1を含め、多くの異なるランキングでeスポーツが増加しています。 このイベントは、フランス西部自動車クラブ(ACO)、FIA世界耐久選手権(WEC)、モータースポーツのコラボレーションによって調整されました。レースは、rFactor 2ゲームステージで、リングの仮想的な変更で促進されました。 Rebellion Williams Esportsは、4人のドライバーからなる50のグループで、それぞれ1台の車両を共有してレースを支配しました。イベントは20/21に、24時間のライブフィナーレと$250,000の賞金を伴う5ラウンドのタイトルとして戻ってきました。 ポルシェは最大の成功を収めました 長期的には、フェラーリ、アウディ、アルファロメオ、ブガッティ、ベントレー、フォードなどの著名なプロデューサーが勝利を収めています。アウディは非常に生産的で、チャンピオンシップを数回上回りました。これらの勝利の多くは2000年代半ばに達成されました、そしてこれは多くのグループが金銭的要件のために1999年に退出した後に来ます。…